blog

other

毎日、工夫できることがないか一つ以上考えながら仕事を進める

photo credit: Raymond Larose via photo pin cc

仕事では主に、HTMLコーディング・JavaScriptコーディングを担当しています。

私は社内でも比較的早く帰るメンバーなのですが、
早く帰るため毎日欠かさず「工夫できることがないか毎日考える」ようにしています。

私には仕事を効率化できる個所を発見する一つの基準があります。それは、2度以上行うかどうか。

反復作業は必ず効率化できる

イメージしてもらうために、まずは簡単な例を挙げます。
例えばドキュメントの文字の書きかえ。
対象の文字を探しては書き換える作業…これは明らかに反復作業であり、効率化できます。
おそらく皆さんも実践している“一括置換”で完了していまいます。

実践の場ですと、コーディングを始める段階にも反復ポイントがあります。
htmlファイルを開いてマークアップをはじめる際、
一般的なレイアウトのサイトは俯瞰で見ると同じコードを何度も書く反復作業と言えます。

私は以下のようなマークアップデータとテンプレートHTMLとして作成し、スタートダッシュを図るようになりました。

※例
[code lang=”html”]<div id=”container”>
  <div id=”header”>
    <h1></h1>
  </div>
  <div id=”contents”>
    <div id=”main”></div>
    <div id=”side”></div>
  </div>
  <div id=”footer”>
    <p id=”copyright”><small></small></p>
  </div>
</div>[/code]
このようなテンプレートを作成しておくだけで10分~15分は短縮できます。

単純に目の前の作業だけで考え、反復動作があるかどうか。だけでなく、
「俯瞰で見て反復した作業を行っていないか」を考えると以外と工夫できる個所がたくさん見つかったりします。
そういった小さな工夫を蓄積させて、トータル早く仕事を終わらせられるように心がけています。