Introduction

エムハンドのメンバーをひとりずつクローズアップして紹介する、社員インタビュー。今回登場するのは、マネージャーとしてデザイン部を統括する木下です。エムハンドの今、そしてこれからにスポットを当てて、じっくりインタビューしました。

アートディレクター

取締役/デザイン部

木下 淳夫 Atsuo Kinoshita

2010年入社

滋賀県大津市出身。大学ではテキスタイルデザインを専攻。卒業後Webデザイナーに転身し、2010年にエムハンドに入社。現在在籍10年目で、デザイン部のマネージャーとして採用と教育を担当している。自称、ミニマリスト。趣味はスポーツ観戦で、特にサッカーやF1が好き。

10年間の中であらためてわかったのは、
「変化し続けること」の大切さ。

Q.木下さんは、エムハンドに入社して
ちょうど10年の区切りを迎えたところですよね。
今振り返ってみて、どのようなことを感じますか?

そうですね。今あらためて振り返ってみると10年間でいろいろな変化がありました。感覚としてはあっという間だったのですが、それだけの時間を過ごしてきたんだな…と、ちょっと感慨深い気がしてきます(笑)。
目に見えて変化を感じるのは、「人」が増えたことですね。京都本社はオフィスが手狭になったことで、より広いスペースへと2回移転していますし、大阪・東京のオフィスも出来ました。
人が増えるに伴って、業務にも変化がみられるようになりました。各分野に優秀な人材が入ってきたことで体制が強化され、提案や制作物のクオリティが上がりました。案件規模も大きくなって、チームで取り組むプロジェクト型の仕事が増え、より面白い仕事が出来るようになりましたね。
最近は、リモートワークの導入を積極的に進めてきており、北海道や沖縄の社員もジョインしています。日本全域から優秀な人材を採用することで表現の幅がより広がって行くことを期待しています。

いつもチャレンジする!そんなチームをつくりたい。

Q.木下さんがマネジメントされているデザイン部は、どんなチームですか?

デザインというクリエイティブな職種だけあって、個性豊かなメンバーが集まっています。というと個人個人がバラバラでマイペースなイメージがあるかもしれませんが、人間的に魅力的な人が多く、そこは自信をもって誇れるポイントです。高いスキルや仕事が出来ることももちろん大切ですが、誠実さだったり、真面目さだったり、周りの人への思いやりだったり…、そういう人としての基本的な部分がちゃんとしていることって、すごく大事だなと思うんです。
エムハンドの社員はそこが素晴らしい人ばかりなので何より信頼出来ます。Web制作は個人プレイではなくチームで行う仕事ですから、 これは今後も大きな強みになっていくと思っています。
また、業務のこととなると、容易には妥協しないカルチャーもあります。デザイン部では全ての制作物に対して会議をおこない、お互いに指摘しあうことで質を担保するようにしているのですが、そこでは徹底したディスカッションを行います。誰もが真面目で責任感が強く、クライアントの仕事への貢献を第一に考えているので、時には結構厳しい意見も飛び交います。「普段は和気あいあいと、仕事では厳しく。」そんな感じのチームですね。

Q.木下さんが、マネージャとして特に心がけているのはどんなことですか?

私のマネジメントの基本的な考え方は、自主性を促すことです。こちらから細かく指示を出したり、管理したりしなくても、自分で考えて自己管理してくれるようなスタッフを増やしていきたいですし、それによってチーム力を上げることを意識しています。考える力をつけることがクリエイティブにつながると考えています。
今後の課題として考えているのは、よりチャレンジする文化を根付かせたいということ。基本的にはディレクターが決めた企画やサイトの方向性があって、その意図を組んでニーズに応えるクリエイティブを行うのがデザイナーの仕事なので、ともすれば受け身になりがちです。もちろんそれもとても大切な役割ではあるのですが、そこにとどまらないチームにしていきたいですね。
ちょっと抽象的な言い方になるかもしれませんが、デザインチームをもっと豊かで、活気のあるコミュニティにしていきたいんですよね。そのために私自身もアイデアを出し、よりスピード感を持っていろんなことに取り組んでチャレンジ出来る体制を整えていきたいと思っています。こう見えて結構真面目な性格なので、いつもいろいろ考えているんですよ(笑)。

お客様も、私たちも。
共に栄えられることをめざす。

Q.話は少し変わりますが、会社の理念の再構築を
したばかりだと聞きました。
それについてお聞きしてもいいですか?

はい。今回理念を見直そうということになった背景には、会社が成長して人が増え、拠点も複数になったことがあります。そんな状況の中で全社員が同じ方向を向けるようにするため、共有すべきコンセプトの見直しから行いました。
検討を繰り返した末にキーワードに決定したのが「Your Challenge is Our Challenge」というコーポレートテーマです。「お客様の挑戦は、私たちの挑戦だ。」という意味で、クライアントのためにともに挑戦するというミッションををあらためて明確にしました。今後も「エムハンドに頼んでよかった」といわれる存在であり続けるために、常に考え、行動し、成長していくという決意を表しています。
そして実は、「Your Challenge is Our Challenge」にはもうひとつ意味があって、クライアントだけでなく社員に向けてのメッセージにもなっています。会社が社員のチャレンジを応援するのはもちろんですが、社員同士もお互いを応援して、「ここで働いてよかった」と思える会社をみんなで一緒に作り上げていこう…、そんな意味合いも含まれているんです。
これは代表の強い考え方でもあるのですが、全てが繋がり合って成立している社会において、一部の人だけが繁栄しても、それが長続きすることはありません。自分だけでなく関係するみんながともに栄えられるようにすること、「Your Challenge is Our Challenge」にはそんな気持ちが込められています。

Q.なるほど。新理念に合わせて、本社のリノベーションも
行ったのですよね?
いくつか注目ポイントを紹介していただけますか?

はい。コロナの影響でリモートで働くスタッフが増えたことで、オフィスにアイコニックな役割を持たせるためにリノベーションを行いました。そのため、会社の顔となるエントランスのデザインにはかなりこだわりましたね。これからはオンラインミーテイングがさらに増えることを見越して、ミーティングルームも増やしています。
また、今回のリノベーションでは、社員の快適さもかなり重視しました。私たちの仕事は基本的にモニターを見る機会が多いので、席から離れラフにミーティングをしたりランチを食べたり、自由に使えるリラクゼーションスペースを拡張しています。求人に応募してきた方から見ても、「ここで働きたい」と思えるような、理想のオフィスになっていると思います!

Q.リノベーション後の京都本社を中心に、
3拠点体制がより強化されていくわけですね。

そうですね。京都本社にはディレクターやマーケッターの他にデザイナーやエンジニアなどの制作スタッフが多く所属しており、今後も制作の拠点として中心的な役割を担うことになります。
また、インサイドセールスチームやカスタマーサポートチームを設けクライアントへのサービス強化もおこなっています。そして日本を代表する2大都市の東京・大阪の両オフィスは、主にクライアントとの窓口となる拠点として位置づけています。オフィスの役割は重要で、競争の激しい世界でもまれることで多くの発見がありますし、その発見に対しスピード感を持って改善していくことで成長しお客様へのサービスの向上につながると考えています。今後も対応をよりきめ細かく行えるようにし、クライアントに喜んでいただけるサービスを提供してまいります。これらの基盤を背景に、今後はもっと認知度も上げていくためSNSを通じた発信を積極的に行っていきます。

ある1日のスケジュール

schedule

  • 9:00

    出社

    出社後、メールと社内チャットの確認。
    その後、社外の方に認知いただくためにおこなっているSNSやWANTEDLYからの発信をおこない1日が始まる。

  • 12:00

    昼食

    会社のメンバーと昼休憩。
    今のお気に入りは、ワンコインのおにぎり屋さん。

  • 14:00

    クオリティー会議に参加

    クライアントへの提出前のデザインを、ディレクターや、デザイナー、エンジ二アなどを含む6名ほどで意見を言い合いブラッシュアップ。

  • 16:00

    資料作成

    組織の仕組みやルールを立案。今は特に、よりクリエイティブを発揮し働きやすい環境づくりに注力しています。

  • 18:00

    新人デザイナーのデザインチェック

    デザインの指摘はもちろん、案件の進め方、報告の仕方など複数人で業務するために必要なことを伝える。

  • 21:00

    退社

    自宅が徒歩圏内なので20分ほど歩いて帰宅。帰ってからは、NETFLIXを見るのが日課。

MESSAGE

エムハンドに興味をもったあなたへ

Q.お話をきいていると、ますます人が必要になりますね。最後に、求職者へのアピールをお願いします!

はい。エムハンドは、社員をとても大切にする会社です。今回のリノベーションでも、働きやすさを最大限考えました。今後も改善を行い、各社員がポテンシャルを100%発揮出来る環境づくりを行っていきます。そして、より多様な働き方が選べて、みんながやりがいをもてる会社にしていきたいと思っています。最近はリモート社員も増えているので、一緒に働く仲間としての共有感が薄くならないよう、インナーブランディングを強化して会社やスタッフの情報をきめ細かく発信するなど、コミュニケーション面のしくみも充実させていこうと計画中です。
クライアントの挑戦を応援し、結果を出してより貢献出来る組織になっていくためには、何よりも人の力が必要です。クライアントのためのクリエイティブを、いっしょに追求していける仲間を募集中です。多くのご応募をお待ちしています!

RECRUIT

Recruit 03

募集要項