一生Web業界で輝ける人材会社を目指して

Web事業を通じて、より快適なコミュニケーションを創出し、社会に価値を生み出すために、
各個人がコスト意識を持ち、効率とクオリティの向上を続ける。
一人ひとりの成長が、会社に、お客様に、社会に利益をもたらすと考えています。
エムハンドの働き方改革。その取り組みの一部をご紹介します。

Chapter 01

私たちの存在意義

何故働き方改革は必要なのか?

目まぐるしく変化する市場のなかで、お客様、エンドユーザーのニーズも多様化しています。
これまで以上に激しい環境変化、短期業績の中にあるからこそ、ニーズを素早く取り込み価値あるサービスを提供する、
中長期を見据えた次の成長の体制構築が重要になっています。

市場の変化・ニーズの多様化に対し、スピーディーな対応が必要

最適なチームが、部門の垣根を超えたユニットを構築

この変化やニーズにスピーディーに対応するため、
基盤(働き方)と組織体制の整備を進めています。

基盤(働き方)と組織体制の整備の図

その中で、エムハンドが目指すポジション

Chapter 02

私たちの強み

歴史から紐解く進化を続けるアセットとは?
  • 2003

    京都市山科区で
    有限会社として創業
    <資本金300万>

    社名のルーツ

    創業者である山手重則の苗字(Mountain Hand)を省略し、M-HANDとした。

  • 2005

    京都市東山区へ
    京都オフィス移転
    (スペリオン七条)

    自社サイトをリニューアル

    集客を自社実践し、検証・実証を元に成果とノウハウを蓄積。その知見をクライアントに還元。複数人のスタッフで効率よく作業を行う為に、スケジュール管理の仕組み「スケジュールマネージャー」を導入。

  • 2008

    京都市東山区へ
    京都オフィス移転
    (テイブンビル)

    制作費用100万を超える案件ステージへ。適正な制作費用と作業工数を見える化する目的で、費用をポイントに置き換えて工数管理をする「ポイント制」を導入。

  • 2010

    大阪市福島区で
    大阪オフィス開設
    (阪神玉川オフィスオフィスビル)

    勤怠管理・顧客管理・請求関連・ポイント管理を連動させたシステム「Work Manager 」を導入。

  • 2011

    有限会社から
    株式会社に商号を変更
    <資本金を1000万へ増資>
    東京都品川区で
    東京オフィス開設

    新卒採用開始

    能動的な働き方を目指して「フレックスタイム制」の導入。また、サイトの指示や制作工程などの情報をまとめた「案件管理シート」の導入。

  • 2013

    京都市下京区へ
    京都オフィス移転
    (フジセブンビル)

    全ての制作人のスケジュールを管理するスケジュールマネージャーをシステム化し「Schedule Manager 」としてリニューアル。制作物を一定のクオリティに保つための「クオリティ会議」を導入。

  • 2016

    京都市下京区へ
    京都オフィス移転
    (CUBE西烏丸)
    <資本金を5995万へ増資>

    Webマーケティングの
    サービスを開始。

  • 2017

    東京都渋谷区に
    東京オフィス移転
    (えびす第一ビル)

    システム案件の
    受託サービスを開始。

  • 2019

    東京都渋谷区に
    東京オフィス移転
    (sreed ebisuビル)

    日々の業務改善を行う目的で、各スタッフから集めた改善案をまとめる「ご意見会議」を発足。

  • 2020

    大阪市中央区区に
    大阪オフィス移転
    (本町寺田ビル)

    フルリモート勤務の導入

    全国を対象に出社を前提としないフルリモート社員の募集を開始。また、カスタマーサポートの専門部署を設置し制作後のサイトの保守、更新に注力。

創業期
成長期
成熟期

生産性と主体性を育むエムハンドの働き方の特徴

各個人がコスト意識を持ち、効率やクオリティの向上を努めながら働いているからこそ、
ライフスタイルに合わせた働き方を取り入れることが出来ます。

  • 01

    Work Manager

    勤怠管理、顧客管理、請求書管理、ポイント管理を連動させた自社開発システム。制作費用をポイントに置き換えて工数管理する「ポイント制」を実現し、プロジェクト単位で情報が蓄積される。エムハンドを支える、なくてはならないシステムである。

  • 02

    Schedule Manager

    全ての制作人のスケジュールを横軸のタイムラインで見える化し、制作進行を管理するツールとして自社開発されたシステム。制作人へのポイント配布をブラウザ状で実現し、コミュニケーションを促進。生産性の向上に欠かせないシステムとなっている。

03

フレックス

11時~17時のフレックスタイム制を導入しています。時短勤務など、自身のライフステージにあわせた就業も可能です。

04

面談制度

仕事をしていくうえで抱える様々な問題を解決するため、上長との定期的な面談を実施する環境を整えています。

05

知識のシェア

部署を超えてのフォローアップやノウハウのシェアも積極的に行っており、エムハンドの文化として定着しています。

06

クオリティ会議

案件の重要な工程で、各分野の目線から意見交換をおこないます。全ての製作物のクオリティが担保される仕組みです。

07

ワークライフバランス

子育てをしているメンバーも在籍しており、時短勤務、産休・育休制度など、柔軟な働き方を取り入れています。

Chapter 03

私たちの目指す姿

私たちが求めるゴールとは?

私たち自身を定義する「発信型」から「着信型」へ

激しい環境変化の中、これまで以上に現場の一人ひとりの自律的な判断・行動が求められています。
この状況下において、ビジョン浸透を従来の「発信型」から「着信型」のアプローチに転換をしています。
企業の存在意義・目指す姿から、日常の判断や意思決定基準が明確化することを目的に、
一人ひとりがWILL・CAN・MUSTを定義したプラットフォーム化を推進しています。

将来どうありたいか・今やるべきこと・今出来ること

意識構造のプラットフォーム化

  • 知識

    認識によって得られた成果、
    抱いている考えや、技能。

  • 経験

    下界を変革するとともに、
    自身を変化させる活動。

知識と経験のバランスをとり経験化を図るその情報を組織に還元し、個人の能動的な変化を促進

  • 環境変化

  • 思考変化

  • 行動変化

多様性を活かす働き方を実現するために、IT・インフラの整備をおこない、
結果にコミットメント出来る環境をより具体化することに注力。

  1. 01 Mルール

    ルールを整備し、クラウド状で一元管理をおこなうことで、社内統制を推進するプロジェクト。迷いのない判断を実現するために検索機能をもうけ日々改善がおこなわれている。

  2. 02 インナーブランディング

    社内広報動画(Mチャンネル)、月に一度の頻度で選定されるベストサイト賞など社内のブランディングを推進するプロジェクト。働き方のマインドセットをおこないやりがいを醸成。

  3. 03 Mプロジェクト

    社内リリース・請求関連・クオリティ会議・勤務状況などの情報を一元化するプロジェクト。伝えたい情報の主旨(5W1H)が明確になり、スタッフにとってのろし的な役割を担う。

働き方改革で目指す姿

主体性を持って、
成長し続けるWeb制作会社へ

一人ひとりの成長が、会社に、お客様に利益をもたらし、経済・産業・社会のサステナブルな発展につながる。

Job & People

職種紹介