blog

other

自分でできる!Googleマップにコロナ対策のお知らせを出す方法

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休業をしたり、営業時間を短縮したりする店舗が増えました。
今、Google検索やGoogleマップで店舗名を検索すると、このように、現在の営業状況が表示されるのを見かけたことがある方も多いでしょう。

うちもこういう風にお知らせを出したいけど、ホームページ制作会社に頼まなきゃいけないの? と、そのままにしているオーナーさん、実はこのお知らせは簡単に出せるんです!

ホームページをお持ちの飲食店や小売店のオーナーさんには、制作会社に言われて、Googleマイビジネスに登録したという方も多いのではないでしょうか。
必要なのはこの「Googleマイビジネス」のアカウントだけです。

①まずはGoogleマイビジネスに登録したGoogleアカウントにログインし、下記のURLにアクセスします。
https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

②『今すぐ開始』ボタンを押すと、次の画面が表示されます。

③『COVID-19関連最新情報を投稿』をタップ/クリックすると、投稿を作成する画面が開きます。

④あとは、「ステータスを更新」部分に、営業しているのか、休業しているのか、営業しているならどのような新型コロナウイルス感染防止対策を行っているのか、を入力し、『公開』ボタンを押せば完了です。
Googleマップでは下図のように目立つ場所に表示されます。

新型コロナウイルス関連の更新情報として、Googleでは、以下のような情報を発信することを推奨しています。

  • 休業情報や短縮営業時間
  • 実践している安全対策や衛生対策
  • ビジネス支援ギフトカードの提供状況

『COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響を受けているビジネス向けのガイダンス』
https://support.google.com/business/answer/9773423

注意点としては、

  • 投稿の内容に電話番号が含まれていると、不承認になる場合がある
  • 投稿の内容が即時反映されるとは限らない

という2点です。

このお知らせは、スマホからでもパソコンからでも投稿できます。
が、もし、ビジネス情報に「臨時休業」マークを出したい場合は、パソコンからの操作が必要です。
ダッシュボードにアクセスすると(②まではお知らせを投稿する場合と同じです)、右側の列に「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」という表示が見つかります。
この『休業マークを付ける』から休業中に変更が可能です。

臨時休業マークを付けても、検索ランキングには影響がないと明記されています。

ビジネス情報に「臨時休業」マークを付けても、ローカル検索のランキングには影響がなく、営業中のビジネスと同じように扱われます。テイクアウトや宅配のサービスを提供している場合は、「臨時休業」マークを付けるとサービスが Google に表示されなくなるため、付けないようにしてください。

貼り紙は出したけど、ネットはそのままだった! というオーナーさんは、ぜひ試してみてください。