blog

other

スタッフに読んで欲しい本「采配 ー 落合博満 ー 」

プロ野球の選手時代には史上初の三冠王を3度達成し、その後、中日ドラゴンズの監督として53年ぶりに日本一に導き、2004年の就任してからの8年間で2回に1回はチームが優勝させ、2010年と2011年には2年連続リーグ優勝を果たすなど、選手として、そして監督としてかなりの数字を残した落合博満さんの書籍です。


本のタイトルが「采配」なので野球の戦術の事が書かれてるように思いますが、内容は野球の事がベースではあるのですがビジネスの世界でも通じるようなプロフェッショナルとはどういうことか、結果を残すためにどうすべきか、といった内容です。この本を読んで改めて本当にその人の事を思うならば「厳しさ=優しさ」であると思いました。
周りの人をみてもそうですが、やはり結果を残す人は、自分にも他人にも厳しくできる人なのだろう。

(印象に残った部分を「采配」より抜粋)

・一流の領域までは自分一人の力でいける。でも、超一流になろうとしたら、周りに協力者が必要になる。

・数字との戦いに勝つには「達成するのは不可能ではないか」という目標を設定すること。

・他人が100回バットを振ったら自分は101回振ればいい。

・休みたければユニフォームを脱げばいい、1年でも長くユニフォームを着ていたいのなら、休むということは考えてはだめ。

・私自身は野球を職業としか考えたことがなく、したがって「楽しむ」などという心境でプレーした経験は皆無である。

・自分が苦しい立場にあることを社会や他人の責任と考えているようでは、道が勝利につながっていても、行き先を見誤ってしまう。

・気持ちを切り替える、その言葉の響きはいい。しかし、厳しいようだが私には考える力がない人の方便に聞こえてしまう。

私も「正しい努力」を行い、それをスタッフにも伝え、選手としても監督としても結果をのこせるように頑張ります!