blog

other

Web系エンジニアを目指す方へ ~Web系エンジニアが使用する言語例と目指す心得~

IT業界においては、大企業のみならず中小企業でもWebサイトを持つことも珍しくなくなった昨今、IT技術者の必要性がますます高まっています。特にITエンジニアとして活躍できる人材は、今後ますます重宝されるようになるでしょう。

そこで、Web系エンジニアを目指したいと思っている方の背中を押せないかと思い、エンジニアが使用する代表的な言語をここでご紹介したいと思います。

例として、一般的な通販サイト(消費者がWebページ上から商品を注文→取引内容をデータベースに記録→確認のメールを注文者に自動で送信する、といったような)のシステムを作る場合にどのようなコンピューター言語を使用して構築されるかをご紹介します。

1.HTML(HyperText Markup Language)

HTMLとはWebページを構成する文章、画像、リンク、表、またテキストボックスやプルダウンメニューなどの要素をページ中に装飾する為の言語。Web系開発を行う上で最も基本的な技術です。ある一定の規則に基づいて記述することでWebページの内容を定義することができます。

2.CSS(Cascading Style Sheets)

CSSはHTMLで記述されたWebページ中の要素に対して具体的なスタイル(Webページ中の文字のフォントやサイズ、色など)を記載して定義する為の技術。スタイルはHTML中に直接記述することも可能ですが、HTML中に記述するとコードが煩雑になったり、また同一のスタイル定義が大量にある場合などに同じ定義を繰り返し記述する必要が出てきます。そのため、CSSと呼ばれるファイルにまとめて記述することが一般的となっています。

3.JavaScript

プログラミング言語の一種で、主にWebブラウザにてHTMLでは表現できない動的な処理を表現できます。HTMLとCSSに関しては、Webページのビジュアルを決める為に必要な技術でありますが、より利便性を向上させる為、Webページに動的な処理(例えば、入力フォームで郵便番号を入力するとそれに対応する住所が自動的に住所欄に表示される処理など)を追加することがよくあります。JavaScriptはそのような処理を可能にします。

4.PHP(Hypertext Preprocessor)

Webサーバー上で動作して、クライアント(Webブラウザ)からの要求などによって動的なWebページを生成したり、サーバー内で様々な処理を行うWebアプリケーションに用いられるコンピュータ言語。JavaScriptがクライアント側で動作するのに対してこちらはサーバー側で動作し、クライアントから送信されたデータを加工してメールで送信したり、データベースへのアクセスを処理を呼び出したりします。

コンピューターの分野に足を踏み入れると、その分野の多さに驚かされることがあります。今までコンピューターと言えばWindowsとMacのようなパソコンしか知らない人が、IT業界に入ると知らない用語や規則に沢山遭遇し、時には頭を悩ませることもあります。しかし、不思議なことに解らないことや難しいことは時間が経つことでいつの間にか解るようになるのです。

最初のうちは仕事の難しさのあまり、自分は向いていないんじゃないかと疑心暗鬼になってしまうかもしれません。しかし、一度仕事がうまく進めば、あとはその波に乗って仕事がスムーズにこなせるようになるでしょう。若いうちは、その波に乗る前に諦めてしまう人が多いように思えますが、仕事をする上では、そこで止まらずに突き進む根気も必要なのではないでしょうか?

将来本気でエンジニアとして活躍したいと思っている方は、経験が少ないから、知識が少ないからと諦めず、是非頑張ってほしいと思います。