blog

marketing

重要性が増すスマホのSEO対策! これだけは知っておきたい基礎知識

検索エンジン最大手のGoogleでは、2015年4月21日にスマートフォン(以下スマホ)向けサイトのランキングアルゴリズムの変更が実施されます。今、スマホからのアクセスはビジネスで外せない経路となっており、当社のクライアント企業でもスマホからのアクセス数の方が多いというサイトも多くあり、その数は日に日に増しております。そんな時代の流れの中、スマホ向けサイトのSEO対策は必要不可欠と言えます。そして、何より早くやっておきたいSEO対策の一つが、サイトデザイン(サイト構築方法)の確認です。適性化が必要な構築方法もあるので、この機会にぜひ確認してみてください。

スマホサイトの3タイプの構成

スマホ向けサイトを作る際、主に下記の3つのサイトデザインがあります。サイトの見やすさや操作性が良質なサイトの評価基準になることから、それぞれの特徴や利点を把握し、目的に合ったものを選ぶことが大切です。

① 同じページをCSSのみで制御する構成(レスポンシブデザイン)

PCサイトと同一のURL、ソースを利用したサイトデザインです。デバイスの画面サイズに合わせて適切な表示に調整するよう設定が可能です。Googleからも推奨されています。

・メリット

ワンソースで構築するため、メンテナンス/運用が楽。

・デメリット

構造が複雑なため、普通に構築するのに比べて工数がかかる。PCサイト+スマホサイト×1.2~1.3程度がおおよその目安。 PC・スマホで同じソースを一旦全て読み込むため、構造によっては表示スピードの点で不利となる。

 

② 同じページを「動的」にCSSとHTMLソースを置き換える構成(WordPress導入が前提)

PCサイトと同一のURLを利用しますが、PC向けとスマホ向けで「動的に」ソースとCSSを振り分ける方法です。アクセスしたデバイスを認識し、そのデバイスに適したページが「動的に」表示される仕組みになっています。 主にWordPressのプラグインなどで「テーマ」を切り替える手法が有名で、導入コストを最も抑える方法として知られています。

・メリット

ワンソースで構築するため、メンテナンス/運用が楽。レスポンシブデザインの構成と異なり、PCを構築したあとスマホを構築するという「段階」を踏むことができる。

・デメリット

WordPress導入が前提となるため、どうしても表示スピードという点で静的ページ構造に比べて不利になる。

※WordPress以外でこの構成を目指すことも技術的には可能ですが、その場合は工数が増大するためデメリットとなります。

 

③ PCサイトとスマホサイト、それぞれ別にページを用意する構成

PCサイトとスマホサイトで異なるURL、ソースを使う方法です。例えば、このような場合です。

( P C )http://www.m-hand.com/

(スマホ)http://www.m-hand.com/sp/

・メリット

それぞれで最適化した構造となるため、表示スピードの点で有利。さらに静的な構造であれば、その傾向はより顕著に。

・デメリット

メンテナンスコストの増大。PC/スマホでそれぞれ別で修正する必要がある。MovableTypeなどのCMSで上手く構築すれば、この点はクリア出来るが、最初の設計段階からの構築が必須となる。

※Googleから正式なアナウンスがあり、③の場合、スマホ対応していないとみなされる可能性があるため、適性化が必要になります。具体的な方法としては、”alternate”タグと”canonical”タグでリダイレクトすることで適性化します。上記の対応を行うことにより、この構成でも4月21日からスマホ検索で高い評価を維持することができます。経営者やWEB担当者の方はアドレスの適正化ができているかを、作業担当者の方にご確認ください。

メインイメージの動きはJavaScript(ジャバスクリプト)で

Flashが使われたサイトは、スマホで表示できない可能性が高くなっています。すでにGoogleでは、Flashで構築されたサイトがデバイスによっては表示できないという旨を大々的に発表しています。なお、異なるデバイスからのアクセスができないサイトは、ユーザーにとって有益ではないと判断され、検索エンジンからの評価は低下します。特にスマホ向けサイトには、多大な影響を与えることになります。基本中の基本ではありますが、しっかりと気を付けておきたいポイントです。

これから重要な評価基準になると予測される要素

スマホユーザーは今後も増加し続けると予測されており、スマホ向けサイトの競争も熾烈になると考えられます。それに伴い、検索エンジンが評価に用いる要素も変化していくと考えられています。なお、評価基準の変化に合わせた対策は、必ずしも困難であるというわけではありません。 以下では、評価基準となるであろう要素と、その対応についてご紹介します。

使用感

ユーザーによるサイトの使用感は、進化するGoogleのアルゴリズムにおいて、重要な評価基準となります。例えば、サイトが表示されるまでにかかる時間はすでに評価基準として設定されており、今ではサイトの見やすさなども評価の基準になりつつあります。これらに加えて、今後はリンクなどのタップのしやすさなども評価基準になると考えられます。

レイアウト

サイトの見やすさやタップのしやすさなどが検索エンジンの評価基準になるのであれば、スマホ向けサイトを構築する際には今まで以上にレイアウトについても考える必要があります。レイアウトが魅力的でないサイトはユーザーにとって不利益であり、結果的に検索エンジンからの評価も低下します。

今回のまとめ

  1. 主なサイトデザイン(サイト構築方法)は3タイプあり、目的に合ったデザインを選ぶことが大切
  2. PCサイトとスマホサイトでそれぞれ別にページを用意する場合、スマホ対応のための適性化が必要になる
  3. メインイメージは、Flashではなく、JavaScriptで表現した方がよい
  4. 今後スマホサイトで重要な評価基準になるであろう要素は、使用感とレイアウト