blog

direction

プライベート以外でも! 作業効率を上げる、プライベートブラウジング活用法

プライベートブラウジングを活用しましょう!

皆さんは、ブラウザのプライベートブラウジングを利用したことがありますか?「家族や友人にやましいところのある人が使うもの」と考えている方は、実は仕事中、余計な時間を使っているかもしれません。というのも、実はこのプライベートブラウジング、プライベートを超えて、仕事においても大活躍することが出来るものなのです!それも、「履歴を残さないのでセキュリティがよくなる」というだけでなく、作業効率そのものを上げることが可能なのです。特に、インターネットの利用が頻繁なweb業界の方にとって、活躍の場面は非常に多いと思います。そこで、本記事ではその基本的な特徴と活用法をご紹介していきます。

プライベートブラウジングとは?

さてその前に、「プライベートブラウジングって何だ?」という方のために少々ご説明しておきます。この機能は、各ブラウザによってそれぞれ異なった名称が与えられています。例えば、IEでは「InPrivateブラウズ」、Firefoxでは「プライベートブラウジング」、Chromeでは「シークレットモード」といった具合です。これらの名前だけを知っていた、という方もいるかもしれませんね。 ちなみにこの他、OperaやSafariなどのほか、Dolphinのような携帯端末専用のブラウザも含め、さまざまなブラウザにおいて同等の機能が装備されています。本記事では、これらを総称して「プライベートブラウジング」、これ以降は略してPBと呼ぶこととします。

PBの特徴とその注意点

PBの具体的な活用法をご紹介する前に、その基本的な特徴ついてご説明していきます。PBの特徴は、以下の2点からとらえることが出来ます。

①検索・閲覧したサイトの履歴やキャッシュ、クッキーが保存されない

PBにおいては、通常ならば保存されてしまう様々なデータが保存されません。より正確に言うと、ブラウザを閉じた瞬間にこれらが消去されるのです。逆に言えば、PBも開いている間は履歴を保持し続けることになりますので、PBを利用している間に何度もパスワード入力を求められることはありません。この特徴は“プライベート”の響きからも理解しやすいものと言えるでしょう。誰にでも、知られたくない趣味嗜好の一つや二つ、三つ四つはもっているものですが、PBを利用することで検索履歴を毎回消去する必要がなくなるわけです。
注意点は、履歴が残らないのはあくまでも、その「ブラウザに」残らないだけだということです。例えばChromeのシークレットモードでは、以下のような表現があります。

chrome_secret

某SNSにログインすれば足跡が残るし、仕事をさぼってネットサーフィンをしていればバレうる、ということですね。悪いことはできません。真面目に生きましょう。

②ブラウザに保存されている閲覧履歴、キャッシュやクッキーを参照しない

2点目は、1点目とは真逆の特徴です。プライベートやシークレットという響きからは離れているように一瞬感じられますが、他人のパソコンやスマートフォンを借りるときに、相手の履歴を見ずに済む、という相手への配慮の意味でのプライベートなのかもしれません。
ただし、オートコンプリート機能の履歴はPBにおいても動作し続けるという点には、十分にご注意ください。オートコンプリート機能はキャッシュやクッキーと違い、ブラウザ内で完結している機能であるためのようです。逆に、PBで入力した場合には、オートコンプリートの履歴は残りません。

PBの具体的な活用法

PBの特徴を説明するにあたり、既に

  • 知られたくない趣味嗜好を隠す
  • パソコンやスマートフォンを借りる相手の秘密に踏み込まない

という2つの活用法に触れました。そして、これからはいよいよ、プライベート以外の場面での活用法をご紹介していきます。

●他人のパソコンで個人情報の入力を行う

趣味嗜好以上に他人に知られて困るのが、クレジットカード番号などの個人情報です。しかし、職場のパソコンや他人のパソコンから、どうしてもこれらを入力しなければならない場面がたまに発生するかと思います。そのとき、オートコンプリートのデータが残ってしまっては大変です。PBを利用することで、(ある程度)安全にデータの入力が行えるのです。

●複数アカウントで同時ログインする

Facebookをはじめとして、各種SNSやブログを運営している方は多くいるでしょうが、管理者画面と実際の表示では微妙に違いがある、ということはよくあります。そこで、PBを利用することで、複数アカウントからの確認が出来ます。
もちろん、FirefoxとChromeを使い分けるなどの方法もあります。しかし、ログアウトをする手間がなくなることや、キャッシュが残っていて変更がうまく反映されない事態を避けられる、という点から、私はPBを利用することをオススメします。

●バイアスの掛かっていない状態でインターネットを閲覧する

HPやブログを運営していく中で気になる点の一つに検索順位があり、いわゆるSEO対策を行っている企業などは非常に多いと思います。しかし、皆さんが見ている検索順位が、他のインターネットユーザーと全く同じとは限らない、という事態が現在では起こっています。というのも、googleをはじめとする検索エンジンは、現在「パーソナライズド検索」という技術を実装しています。これは、各ブラウザの閲覧履歴やキャッシュをもとに、そのユーザーが関心をもつと思われる情報を上位に表示させる、という技術です。そのため、自社のHPやブログは上位に表示されやすくなってしまうことが、普通なら避けがたいのです。ところが、PBでは閲覧履歴やキャッシュが参照されないので、バイアスの掛かっていない、自然な状態での検索順位を知ることが出来てしまうのです。
また、近年注目を集めている広告配信の方法として、「リマーケティング」があります。一度閲覧したサイトの広告が、ニュースサイトや動画サイトにまで、延々と追いかけてくるアレです。少々うんざりしてしまうこともありますよね?
しかし!PBを利用すれば、リマーケティングの影響を受けていない状態でサイトを閲覧することが出来ます。逆に、リマーケティングを利用している企業の方が自社のHPを閲覧するときにPBを利用することで、無意味に広告のインプレッション数(表示回数)を増やさずに済みます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ややもすれば怪しい雰囲気のするPB。これまで敬遠していた方もいるかもしれません。
しかし、PBはその基本的な特徴を理解さえしていれば、一人暮らしでも、職場でも、昼でも夜でも、活用できる機会は無限大といっても過言ではないでしょう。
ここでご紹介した活用法はおそらく、可能性のほんの一部です。以下に、本記事の作成に際して参考にしたものを紹介しておきます。これらの他にも、新しい活用法を思いついた方がいれば、是非教えてくださいね。

参考記事

プライベートモードで「本当の検索順位」をチェックする方法
http://liginc.co.jp/designer/archives/7515

エッチなこと以外でのプライベートブラウジングの有効な使い道9選
http://www.lifehacker.jp/2010/08/100826ngupbdip.html