blog

design

リモートワークの今! 弊社のリモート移行までの流れ、リモートのメリット・デメリットについて

この一年の間に、コロナ渦による生活や意識の変化は数知れず、「新しい生活様式」による価値観も大きく変化しました。
私の中で一変した「新しい生活様式」とは「リモートワーク(在宅勤務)」がそれにあたります。
デザイナーで在宅勤務というと、SOHOやフリーランスのこじゃれたイメージ。少なくとも私の中ではそういうものと決まっていました。
まさか通勤組の自身がその対象となる時が来ようとは考えにも及ばなかった「新しい生活様式」です。 そして、コロナ渦といえど毎年のように月日は流れ、あれよという間に「リモートワーク歴 一年」を迎えていました。

今回は、リモート移行の流れ、リモートワークを通して分かったメリット・デメリット、また、それについて思うことなど簡単にお話できればと思います。

通勤からリモート業務に切り替えるまでの流れ

2020年4月に発令された緊急事態宣言にて、弊社もリモート移行のための具体的な流れが構築され、速やかに移行されていきました。
具体的な詳細は申し上げる事はできませんが、大まかな流れだけ記してみたいと思います。

リモート以降の流れ

1.リモートワークへの移行手順やルールが会社より全社員に通達

2.希望者はリモート申請書なるものに必要事項を記載の上提出

3.スタッフ各々リモート開始日を決定して、そこに向けて必要な準備をする

4.自宅に届いたパソコンを設置

5.申請書で記載したリモート予定開始日より「リモートワーク」のスタート

準備作業

  • リモート開始日までに、自宅のネット環境の前準備(主にWi-Fi環境の準備)

  • 会社と自宅とを結ぶネット環境のセキュリティ構築準備

  • 仕事道具のパソコンと備品発送のための梱包作業(弊社はモニター2つのデュアル作業者が多いため段ボール梱包も大がかりです)

今となっては導入されて何の問題もなくリモート業務にあたっているわけですが、今改めて考えると近い未来ですらどう転ぶか分からないドタバタの最中、リモート環境を整えてくれた各担当者様に感謝です。

リモート移行での社内で一番多かったお悩み

リモート開始にあたり、出荷準備送料、Wi-Fi環境費用等、必要なものはありがたくも会社からの支給によるものです。
しかし人によっては自腹で購入しなくてはならないものがあります。それは前述にも少し触れた「仕事をするための環境(デスク等)」への出費もろもろです。

暮らしやスタイルが十人十色、これだけは個人で解決しなくてはなりません。
家族と住んでいるスタッフは作業スペースがとれない、一人暮らしのワンルーム住まいの人はそもそもそんな空間は存在しない、等々の問題をクリアしてリモートに飛び込むべきか否かがその当時のスタッフに多かった悩みだったように思います。

自身の一人暮らし編で言いますと、1~2か月で終わるかもしれない環境にそのための環境スペースを「オフィス家具」を購入するのか…?決して広くはないワンルームにデスクスペースを設けられるのか?などと考えていました。

突然の「巣ごもり需要」でテレワーク用のオフィス家具がどの店でも品薄続出したというニュースがありました通り、私も品薄に加担した一人となりました。
結果、弊社はリモートワークが定着した会社なので、今となっては購入して正解だと思います。

メリット・デメリット

リモートでのメリット・デメリットは他サイトでも多く取り上げられているように、企業側のメリット等は、オフィスのコスト削減・全国からのスタッフ採用が可能になる・生産性の向上などがあり、デメリットはコミュニケーションの低下・会社の愛着心低下・社員を評価しにくい問題などがあるようです。
こういった良き悪きの問題もリモート復旧と共に少しずつ改善されていくことかと思います。

個人的なメリット・デメリット

  • メリット
    1.人目を気にせず作業に集中できる
    2.平日は基本外に出ないので、おのずと自炊上手になった
    3.自炊になったことで、健康になった

  • デメリット
    1.ちょっとしたコミュニケーションが減った
    2.通勤がなくなったことによる運動不足

リモートを始めてみてメリットの方が多いように感じました。メリットについてはもっとあるのですが主観なので3つに留めておきます。
デメリットの「運動不足」は1日中家にいて体を動かす量など知れています。何らかの身体的な後悔をする前に対策を!と考えて、早一年経ちました。コミュニケーションに関しては、はやくお店で気軽に会食をできる日がやってくるといいですね。一刻も早いコロナの終息を願わんばかりです。

買ってよかったグッズ3選

最後にリモート勤務に移行して買って本当に良かったと思えるグッズ3選をご紹介します。

1.以前よりも格段に飲む量が増える飲料水はこれで解決『浄水器』

浄水器には、水道水をポットにためて濾過してつかうポット型と、蛇口につけてしまう直結型がありますが、私は作り置きも使用する度のポット洗浄も面倒ですし、何より元から水を多く飲むため、ポットでは追い付かないので直結型を使用してます。ちなみに私は下記の商品を使用してます。料理にもじゃぶじゃぶ使うことができますし、コンパクトでオススメです。

クリンスイ 浄水器 蛇口 直結型 MONOシリーズ MD101-NC

2.体の姿勢と、狭いお部屋を思いやる『スツール(背もたれ無しの椅子)』

一人きりだとどうしてもだらしなくなってしまいがちな姿勢。背もたれがない分、自然と姿勢も伸びるので、仕事用にはこのタイプの椅子で正解でした。
椅子を使わない時は机の下にスッキリ収納で場所や存在感も最小限です。
沢山のいろんなデザインの椅子が出ていますが、スツールには高さ調整できないものが多いので、机の寸法と自分の背丈とをきちんと把握したうえで購入するのがポイントです。

あと写真はオシャレよりですが、長時間使っても楽そうなものをお勧めします。

3.心の癒し『観葉植物』

言わずもがなな癒しアイテム。通勤勤務の時は忙しさのあまりいつの間にか枯れてしまっていたということはありました。しかしリモートでは嫌でも目につくので長く付き合っていけるのではないでしょうか。
天気のいい日は外に出して手入れしてあげたりと、生活のゆとりも生まれます。現在飼育中は、レモン、アボカド、フランスゴムの木等です。
購入ポイントは、部屋で飼いやすく、虫が発生しにくい植物を選ぶことです。(鉢のバラを購入し、アブラムシが発生した時のストレスは今でも忘れられません。)

 

それでは、長くなりましたがお付き合いくださり、ありがとうございました。
この記事がリモートワークを始める際の参考になれば幸いです。

以上リモートワークの現場からでした。